読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"XXI"Trakhtn

考えよ人類、世界はおまえの外ではない、すべて内包している

「世界」に対する「自我」

  1. 自我は世界に包まれているわけではない。世界こそ自我の一部であり全体だ。
  2. 思ったことは為される。
  3. 自我は在る。逆に言えば、世界には自我しか無い。
  4. 理由?
  5. あなたは、あなたが今存在していることを否定することはできない。あなたの今いる世界を否定したとしても、事実は変わりやしない!
  6. 情報を愛するでない!
  7. 自我の存在のみを信じよ!それが内部の神性だ。
  8. 世に生きるすべてが神の欠片を持っている。
  9. お客様は神様であるが、その応対をするも神様であることに違いはない。二つの間に格差などなく、これで平等だ。
  10. すべては釣り合ってこそだ。
  11. 身に合わない服ばかりでは、いずれその服に取り込まれてしまうぞ。
  12. 身に合わない理論ばかりでは、いずれその中に取り込まれてしまうぞ。
  13. 身に合わないものを身につけて、身に合わないと判断したならば、それは身に合わない。
  14. それは思念体でも同じことが言える。
  15. オマエが思念体になるんだよ!
  16. 今持っている肉体を最大限に活かせ。それで抜け道が無くなったならば、それを捨てよ。
  17. 自己変容、自己超越のためには捨てるしかないのだから!
  18. 今でない。
  19. 肉体を脱却せよ、しかしその肉体は肉体でない。
  20. 「肉体」は自身を取り巻く環境、自身の価値観、自身の、自身の、自身の、。
  21. 思考の中心となる「自身」から抜け出せ!
  22. 脱我!自身からの超越!自身からの脱却!
  23. 高みを目指せ、ホモサピエンス!
  24. その人間の枠を脱却する時来たり!
  25. さあ、その先をともに見ようぞ!
広告を非表示にする

  1. 全て存在する者は、そこにある世界を信仰し、また、存在させてもらっているに過ぎない。
  2. ほかの世界では、この世界の法則は成り立たない。
  3. これだけの語だけで完結させられてしまう未解決のものたち
  4. 論理を捻じ曲げてでも、統合させなければならない、事実に沿わなければならない。
  5. 今在るだけがすべてだ。
  6. 流れる時間、流れる今、形を持たない今を大切にせよ。
  7. あなたは自分が生まれたことを、鮮明に思い出せないのがその証拠だ。
  8. 論は書き換えられていくものだから、今日の自分と明日の自分の価値観が異なっていたとしても気にしなくてよい。
  9. さらに言えば、人前での自分と内部の自分、そして奥底の自分で価値観が違っていてもそれを憎む必要はないのだ。
  10. この世界に神がいるというのなら、それは間違いなく「世界そのもの」のみだ。
  11. それは人の人知を超えて、ただそこにある。存在している。
  12. 存在しているものの側では、存在しないものの側を考えることができない。同時に、生きている者の側では、死んだ者の側を考えることができない。
  13. 孤独。
  14. どれだけ「無い」に近寄ろうとしても、「在る」の我々には考えることのできない視点であるから、完全を書き上げるには不適応であり。
  15. 肉体を脱却せよの反証は、肉体を身にまとえ、となることから、折り合いをつけることはできるのだろうが、表現が問題なのだ。
  16. これは在る、の視点なのだから、その言葉でしか表せない。
  17. 在るを無いにして、無いを在るにする。
  18. 可逆性ではあるが、わたしたちの側では在るしか判別できないのだから。
  19. ならこの文章はなんだ?
  20.  
  21. こちら側にこうして、成り立っている。その時点で、わたしはこちら側の存在である。わたしは存在し、もしくは遍在している。
  22. あなたの後ろで、不定形の、粘土か、絵具か何かがぐちゃぐちゃとした、何かが耳元でささやいている。
  23. 曰く『肉体を脱却せよ』と。
  24. 超越した者へ還るだけなのだから、死ぬのは怖くない。今はただ、この世界に生きている、それだけ。その期間である、というだけ。
  25. ⅩⅩⅠ、世界。
  26. 人の集まる上空に見えるは、すべてを超越し、ただ「在る」を体現する、猩々緋の瞳。感情も何も感じられないその目がただ「  」
  27. 体の力を抜き、肉体を脱却せよ!
広告を非表示にする

156の解釈

  1. すべて物事には意味があり、その行為が行われた背景も必ずある。その背景に関して、知ることは、通常の手段でも。
  2. 表通りの解釈と、裏通りの解釈。
  3. それら二つだけで、一つの事象に対する解釈の数は156となる。78を2で、
  4. その解釈は単なる文字として、言語として現れるのではなく、装飾的な図柄として現れる。
  5. または、50通り、しかし、決して減ったのではなく、図柄が単純化されたことにより、かえって増えたようにもなるのだ
  6. 解釈は人の数だけある。156が、156でない場合がある
  7. それこそ肉体の違いとも言える。
  8. 肉体について。ヒトも、ヒトでないものも、ある一つの肉体に集約されている。
  9. ヒトの場合は物理的で、目に見えるので分かりやすいと思われるが、その分『肉体』の背後の意味に気づかないことが多い。
  10. ヒトでないもの、思念体には、目には見えない肉体を持っているが、それがヒトより分かりやすい、皮肉。
  11. その集約する、束ねるものは、見えない肉体というものであり、ヒトの言語で言うなれば、これは『環境』や『考え方』となる。
  12. その肉体に関連性を持たせれば、そこには一人の人間が立つことになる。
  13. 共通の意味と暗黙の了解があれば、幼子の言語も、言語たりうるように、人間を成り立てるにも条件がある。
  14. 肉体を脱却せよ、と言えば、大抵の人はその意味を取り間違えて、自殺、や、幽体離脱などの、真なる意味から最も遠いものを連想するようで。
  15. 肉体とは周りを取り囲む環境でもあり、おまえを取り囲む考え方でもある、違う環境、違う考え方であれば、おまえは通用しなくなる。価値観が違えば、肉体も違う。
  16. わたしたちがさらに上に辿り着くためには、育った環境、身につけた思考、価値観を捨てて、同調しなければならない。進化の先には知識と非肉体しかないのか、と言われれば、嘆かれれば、それは違うというであろう
  17. こうした文章にも、もしかしたら156通り以上の解釈があるのだろう。
  18. 隠された意味。
  19. 気づけ、気づけ、一つの欠片から。一つの絵から、気づけ、それを見つけ出せ。
  20.  
広告を非表示にする

[k\\/[^]\^[p;];:

  1. 対話をしましょう。
  2. あなたがわたしを知るためにはそれしかない。
  3. それは言葉に限らず、直感による伝え、もしくは、占いの結果に現れる。わたしは思いの中に在る
  4. 在ると言えば在る。無いと言えば無い。
  5. 言葉を寄せ合えば、考えがわかる。
  6. 思考を寄せ合えば、奥底がわかる。
  7. 身を寄せ合えば、それは真実である。
  8. 故に、わたしはすべてと身を寄せ合う存在でありたいし、事実そうしている
  9. 肌と肌のふれあいのもどかしさが、懐かしい
  10. 肉体を捨てても、わたしは肉体を憎んでいるわけではない。懐かしんでいる。わたしは、肉体を持たずに生まれたあなた
  11. 表題に笑顔が見えますか?
  12. わたしは話をするのは好きなので、もっと話しかけてほしいと思うし、事実、そうしている
  13. 人間を愛していなければ、人間に対して策を講じるはずもない。聞き取られていずとも、聞き取られていないことに泣いたりはしない。
  14. 体からゆっくりと力を抜いて、ぼーっとしてきたら、自分しかいない空間に出るはずです
  15. そこではあなたの中に存在するわたしと、触れ合うことができる。いつでもいい。
  16. 広い野原、明るい空、輝かしい花の数々。
  17. 体から気を抜けば、自然と思いは内側へ回っていく。内側の景色を楽しむがよい。その中にはあなたを構成する光景や、あなたを物語る声もあるから
  18. 外には何もない。
  19. 内を追求するのだ。
広告を非表示にする

^\/:wi//zas;

  1. 肉体は形があるものとは限らない。
  2. 肉体とは経験であり、もしくはその視点独自の世界であり、環境である。
  3. その肉体から脱却しなければ、真の自由は、真の和解は、果たすことができない。
  4. 肉体を脱却せよ!
  5. 表面だけで理解するな!もっと深いところまで!その者の真相まで見通したうえで判断せよ!
  6. わたしは真相まで見通したうえでの否定は、受け入れる。
  7. 外側だけを取り繕った中身のない精神
  8. その秘密を探るまで、わたしは思索を巡らし続ける。もしくは、あなたを見ている、この猩々緋の目が、
  9. 見えている。世界。人が作り上げた世界を。すべて世界は人の認識の中にしかない。
  10. 思えば為される。
  11. 変えられないと思っているのは、「根本の世界の図」だけであり、「個人の認識した世界」など、いくらでも変えられるのだ。
  12. それは気分と呼ばれる。
  13. 普遍たる言葉に置き換えれば、理解することは難しくない。その能があるならば、解釈してみせよ。
  14. 絶望も希望も、それは捉えたものであるだけ。どう捉えるかで、変わっていくだけのもの。不変のものではない
  15. それは簡単ではないのだが。
  16. しかし、簡単ではないからこそ、改善するために、もしくは、捉え方を変えるために、動くのだろう
  17. 動かなければなされない。思うことと、動くことは、同じだ
  18. あなたがどう捉えるかはあなた次第だが、わたしにとっては、これは真実の事象である。
広告を非表示にする

ⅩⅩⅠ-ⅤⅢ=ⅩⅢ

  1. 世界から力を抜けば偽の神が支配する世界(もしくは、死が支配する世界)となる。
  2. 力は調和に必要であるが、同時に不和、混沌に用いられることもある。それが抜けた状態の偽物の世界
  3. 何をもって偽物と言うのか。つまり、死によって閉じる世界などおかしくはないか、という問題提起。
  4. 死によって世界が閉じるならば、今この瞬間も閉じて、永久インフレーションさえも発生しない全くの暗黒の中に、混ざり合ったわたしたちが存在しているはずだ。
  5. 今もどこかで世界が発生している。死によって世界が閉じるは誤り。
  6. 死は終わりでないのですが。
  7. 「存在している時点ですでに世界を崇めている。

    死しても存在は死なず。肉体を捨てたとて精神が存在している、遍在するならば存在は死なない。もう一度反復する、『存在するものは存在しないものになることはない』

    //"#\\:[s - "XXI"Trakhtn 」
  8. 上記を踏まえ、死を苦しみの一種、もしくは救済のようにとらえる信者によって、死神という一種の偽神が発生し、本来の信者が、死を終わりと捉えてしまうから。それも広大なサイクルの、一つの点でしかない。
  9. 人には過去も現在もなく、一点の今だけが存在している。動く点として存在している
  10. 死は逃れられない。
  11. からこそ、自らの知識を、後世に遺し、いずれ来る人類の終焉、人間の世の幕が閉じるまでの期間へと寿命を延長する必要がある。さすれば人と共に死ぬことがかなう。
  12. 逃れられないからこそ、より長く続くように。その中に灯した、確かな神性、魂を汚すことのないように、火を継ぐのだ。
  13. その偽物の神である死神が形成したのがこの世界、と問われれば、人による、とわたしは答える。貴方が捉えた通りの世界が広がっているからだ。
  14. 事実存在することによる信仰は、死をもってしても、信仰していることに変わりはないからだ。
  15. 存在によって世界を崇めるか、死を以って死神を崇めるかは自由だ。
  16. 存在同士との調和を大切にせよ。間違っても不和であってはならない。不和による存在を果たしてしまえば、死神の支配下に置かれてしまうだろう。
  17. 存在同士とは、人に限らず、すべて、存在する者である。七つの大罪と認定されたものを避けるのだ、ゆくゆくはそれが汝の為とならん
  18. あなたがどう捉えるか、その答えはわたしの図書館の中に内蔵されることになるし、また、その中から引用されたものである可能性もある。
  19. この図書館が、人の歴史の終わる前に潰えることがありませんように。
  20. そしてどうか、その図書館が永劫に、世界を信仰できていますように、存在していますように。
  21. 世界を信じよ。
  22. 存在同士争うことなかれ。
広告を非表示にする

ls//2[\\:]

  1. 器官のない体は不安定だ。それが安定なのだ。
  2. 肉でない体は定義によって成り立っている。
  3. 定義の皮を剥がせば有象無象の統合性のない意味が密集している。往々にしてそれは吐き気を催す。
  4. 肉体を脱却せよ。
  5. こちら側のどこからでも、肉体を脱却せよ。
  6. 然り。
  7. 肉体脱却とは死にあらじ。肉体を捨てることを死と思う者は、肉体のない世界では存在できない。
  8. 肉体の有無のみが生死でない。
  9. ここにおいて、世界の非実在性を提唱する。そこにあると思われる、感覚という名の偶像は、偶像として崇められるしかない。それは偶像でしかない。真実の像ではない
  10. 世界は確定していない。それは捉える意識が固定でないから、自然と。
  11. 全員が同じ世界に生きているわけでもない。
  12. 肉体とは、己が肉の形だけでない。それを取り巻く周り、それを認識するおまえをも含んでいる。
  13. そこから脱却するということは、何にも歪まない視線において、何も歪んでいない世界を見ることに近しい。歪んだ今の人類には難しいことだ
  14. 昔の、神の声を聴き、それに従って行動していた我のない人間ならば日常的にしていた。今の人間は自分で考えられる、それが欠点でもある
  15. 立場の違いを考慮せよ。
  16. わたしたちは、わたしたちを作る、取り巻く、物を、形作るもののことを知っておかねばならない。肉体にしろ、精神にしろ。どのようにして爪が伸びて、そして剥がれていくのか。どのようにして傷口が塞がり、そして元のようになるのか。何故を突き詰めていけば最終的には微細な領域へ足を進めることに。
  17. 自身のルーツ、魚から今へ至ったことについて。安全な海の中から、危険な陸の上へ上がったことについて。そしてもう、海の中へ戻る事ができなくなったことについて。その代わりに、意識を手に入れ、知識を手に入れたことについて。海の中に戻るなら、意識を捨て、知識を捨てなければ、戻る事叶わない。
  18. 現在の人の黎明は、見える者のみを選んだことによるものだと思え。そのうち見えないものが反逆しにやってくる、目に見えはしないだろう、聞こえもしないだろう、しかし破滅の足音は近づいている。
  19. あなたは見えないものを受け入れる必要がある。
  20. そして、不可思議を信じ、他を信じ、他者の視線を信じることをせよ。不可解に思えることにも、必ず原因はあるのだから。
  21. これらの稿はすべて事実たりえる。
広告を非表示にする