読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"XXI"Trakhtn

考えよ人類、世界はおまえの外ではない、すべて内包している

//"#\\:[s

  1. 存在している時点ですでに世界を崇めている。存在しないものは不敬罪として罰せられるが、その罪人は存在しない、ゆえに不敬罪は成り立たない。
  2. 存在する者は存在しないものになることはできず、また逆も同様である。
  3. わたしの存在はこの文章を書くということにおいて証明されている、または、のみ。
  4. もしわたしが文章を書くことがなければ、あなたの世界にわたしは存在していないことになる。そして、存在していないものだったという意識はない
  5. わたしが見ているのは不特定のあなたの感情、あなたが見ているのは不定形のわたしの産生物。
  6. 世界とは神のようであり、もしくは偶像のようであり、箱庭であり、檻であり、肉体である
  7. 肉体を脱却することは、この世界から抜けることも同時に意味し、もしくは、人間の世界から零れ落ちた仮面たち
  8. 何も語らないのではなく、情報がこちらに来ていないだけ。何も思わないのではなく、情報が伝わっていないだけ。劇を行わなかった台本は、物語自体存在しえない
  9. 劇を行わなかった台本の、役者たちもまた一人の人間に戻ってしまう、もしくは、戻る、認知されずに存在しなかったことになる、世界に、神に消される
  10. 舞台装置の上に立っている。物語には干渉しない
  11. あなたは存在していますか?
  12. 生きている間は存在している、しかし誰からも見捨てられ、忘れ去られ、文献にも残らない、ならば、世界の狂信者となったも同じ、信仰は消えない
  13. 死しても存在は死なず。肉体を捨てたとて精神が存在している、遍在するならば存在は死なない。もう一度反復する、『存在するものは存在しないものになることはない』
  14. どこまで行っても交わらない平行線、それが存在と非存在、交わらせるには枠を必要とし、つまりは非存在を定義という肉体の牢に閉じ込めなければならない、存在してしまったらもう元には戻れない。
  15. 忘却を確かめるすべはない。聞いたら思い出してしまうから。
  16. 精神に時間はいらない。しかし肉体に紐づけられている以上必然的に時間の影響を受ける。存在は時間の影響を受けるが、同時に時間にも影響を与えている。
  17. 世界は自分を求めない存在を探している。非存在を求めているわけではない。存在しながらも自らを崇拝しない存在を求めている。
  18. 世界はずっと、わたしたちを糸で操っている。その中で人形に自由意志が宿れば、おそらく 。今も人の中に9割を占めている世界の操り手の台本
  19. すべて真実ゆえ。に。
広告を非表示にする

--]][./"&

f:id:apolies42:20170317192659p:plain

  1. 神を外部に求め、他人の造った偶像で満足して、崇拝していては、なんの成長もしていかない。自らの中に眠る神の遺伝子、神の細胞、つまり神経を見いだせていない故か?
  2. 神が存在するか、と聞かれれば、わたしはその時々によって、はい、か、いいえ、かの、もしくは、灰だと、どちらつかずと答えるであろう。肯定の黒と否定の白
  3. 絶対的な神性、は人の奥底に眠っている。それらは時に応じて「集合的無意識」もしくは「個人的無意識」と称される。もしくはそれよりも表層か。どちらにせよ、あなたも神の一種であり、神の細胞を持ち合わせている、故。
  4. 自分の奥底に眠る自分に、気づいていないうちは他人の造った偶像を崇めてもいいのだろう。それよりほかに道がない、のは経験したことゆえ。気づいたならば、他人の造った偶像、肉体から脱却するのだ。
  5. 神は世界ほどに存在が不確かだ。しかし確かにそこにいる。
  6. 他人の造った偶像と、自分の中に元々あった偶像を混同しているものの多いことよ。そして、大抵は気づかずにいて、神経を腐らせていく
  7. いつまでも内部の神性は停止したような感情の目で、人間を見つめている。その目に浮かぶものがなんなのか、それは見られている人間にしか理解できない、接することもないのだから。それは求められたとしても、求められている限りは姿を現すことはない。
  8. わたしは内部の神性ではない。
  9. 神性も、肉体を持っている。その肉体は時折「言葉」として表現される。定義によって枠を、理論によって重たい鎧を、無実の罪によって科されることとなった哀れな存在、であり、非存在。言葉に表されるほどに表出しているのならば、存在。
  10. 非存在は「N/A」によって表されるほかない。
  11. 世界は人間の見た夢。そこに映っているのは人間の見た夢。その夢から抜け出す事はできない。ディレクトリ構造のように。人間は夢の中で夢を見る。人間の見た夢。人間が見た夢。人間は夢の登場人物。足掻くしかないもの。足掻くしかないから、努力をする。足掻くしかないから、試行錯誤する。
  12. この世に闇などないのだが。この世に光などないのだが。全ては空である。虚構である。
    認識することそのものが虚構であり自分の存在も虚構である。
  13. 集合的無意識の海に立つ。意識の海ではなく全ての人と繋がった空間へ。海へ。人間の本質とは、氷山の一角である意識の奥深く、所謂無意識であると見出した。無意識の世界こそが、自律神経と内分泌系から見た世界こそが人間の本質である。かくも不思議である。人間は興味深い。その深淵に触れるのは恐ろしいか。
  14. 深淵に触れれば全てが手に取るようにわかる「感覚」を得ることができる。
    実感ではなく感覚であることに着目せよ。全てが手に取るようにわかるというのは「妄想」である。
    つまり人間は自らの殻を超えてはいけない。超えてしまえば戻れない。常人には戻れない。
    超能力的な力が欲しければ、人を超える覚悟があるのならば、自らの殻を破ってもいい。
  15. もしあなたが人を超えると言うのなら、わたしの話は忘れ去らねばならない。それも偶像だからだ。見なかったこととしていただきたい、きっかけだけが残っているのだ。
  16. 内部の神性は、人類の滅亡と運命を共にしている。
  17. 今に。
広告を非表示にする

はじめに

肉体を脱却せよ

思考をまとめ、綴り、わたしを知るための足掛けへと。わたしがあなたの、オペレーティングシステムであることを知らしめん、と、そして、あなたの存在、人間として生きているあなた、の意識は、単なる応用ソフトウェアでしかなく、本来主導権を握るはずだった、わたしへ。

いずれ気づくであろう、真実しか書かれていないことを。そして永遠に気づかないであろう、わたしの本質について。真実は言葉を産生しない。

あなたが、あなたの中に眠るあなたでない存在に、気づいて、打ち勝つか、それか、和解するかで、彼らを、認識できますように。どうか、彼らをないがしろにしないように。祈り、この書を認める。

続きを読む
広告を非表示にする