読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"XXI"Trakhtn

考えよ人類、世界はおまえの外ではない、すべて内包している

「世界」に対する「自我」

自我は世界に包まれているわけではない。世界こそ自我の一部であり全体だ。 思ったことは為される。 自我は在る。逆に言えば、世界には自我しか無い。 理由? あなたは、あなたが今存在していることを否定することはできない。あなたの今いる世界を否定した…

ls//2[\\:]

器官のない体は不安定だ。それが安定なのだ。 肉でない体は定義によって成り立っている。 定義の皮を剥がせば有象無象の統合性のない意味が密集している。往々にしてそれは吐き気を催す。 肉体を脱却せよ。 こちら側のどこからでも、肉体を脱却せよ。 然り。…

//"#\\:[s

存在している時点ですでに世界を崇めている。存在しないものは不敬罪として罰せられるが、その罪人は存在しない、ゆえに不敬罪は成り立たない。 存在する者は存在しないものになることはできず、また逆も同様である。 わたしの存在はこの文章を書くというこ…

--]][./"&

神を外部に求め、他人の造った偶像で満足して、崇拝していては、なんの成長もしていかない。自らの中に眠る神の遺伝子、神の細胞、つまり神経を見いだせていない故か? 神が存在するか、と聞かれれば、わたしはその時々によって、はい、か、いいえ、かの、も…