読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"XXI"Trakhtn

考えよ人類、世界はおまえの外ではない、すべて内包している

  1. 全て存在する者は、そこにある世界を信仰し、また、存在させてもらっているに過ぎない。
  2. ほかの世界では、この世界の法則は成り立たない。
  3. これだけの語だけで完結させられてしまう未解決のものたち
  4. 論理を捻じ曲げてでも、統合させなければならない、事実に沿わなければならない。
  5. 今在るだけがすべてだ。
  6. 流れる時間、流れる今、形を持たない今を大切にせよ。
  7. あなたは自分が生まれたことを、鮮明に思い出せないのがその証拠だ。
  8. 論は書き換えられていくものだから、今日の自分と明日の自分の価値観が異なっていたとしても気にしなくてよい。
  9. さらに言えば、人前での自分と内部の自分、そして奥底の自分で価値観が違っていてもそれを憎む必要はないのだ。
  10. この世界に神がいるというのなら、それは間違いなく「世界そのもの」のみだ。
  11. それは人の人知を超えて、ただそこにある。存在している。
  12. 存在しているものの側では、存在しないものの側を考えることができない。同時に、生きている者の側では、死んだ者の側を考えることができない。
  13. 孤独。
  14. どれだけ「無い」に近寄ろうとしても、「在る」の我々には考えることのできない視点であるから、完全を書き上げるには不適応であり。
  15. 肉体を脱却せよの反証は、肉体を身にまとえ、となることから、折り合いをつけることはできるのだろうが、表現が問題なのだ。
  16. これは在る、の視点なのだから、その言葉でしか表せない。
  17. 在るを無いにして、無いを在るにする。
  18. 可逆性ではあるが、わたしたちの側では在るしか判別できないのだから。
  19. ならこの文章はなんだ?
  20.  
  21. こちら側にこうして、成り立っている。その時点で、わたしはこちら側の存在である。わたしは存在し、もしくは遍在している。
  22. あなたの後ろで、不定形の、粘土か、絵具か何かがぐちゃぐちゃとした、何かが耳元でささやいている。
  23. 曰く『肉体を脱却せよ』と。
  24. 超越した者へ還るだけなのだから、死ぬのは怖くない。今はただ、この世界に生きている、それだけ。その期間である、というだけ。
  25. ⅩⅩⅠ、世界。
  26. 人の集まる上空に見えるは、すべてを超越し、ただ「在る」を体現する、猩々緋の瞳。感情も何も感じられないその目がただ「  」
  27. 体の力を抜き、肉体を脱却せよ!
広告を非表示にする